2.企業のメンタルヘルス対策 手順表

「1.企業のメンタルヘルス対策」 に戻る

「企業のメンタルヘルス対策」その2として、まず、その手順例を掲載します。 

 

運用上の問題が発生したら、
ステップ4へ戻る。

 

 

※ 「ステップ6」の「対策の運用」とは、実際にメンタルヘルス不調者が出た時の対応のことです。
※ 上図をクリックすると、各ステップの概要をPDFで表示します。 

 この手順モデルのポイントは、そもそもメンタルヘルス問題が発生しないように、予防に重点を置いていること(ポジティブアプローチ)です。

“予防は大事である”と文章にすると当たり前に感じますが、これまでメンタルヘルスについては事後対応になること(ネガティブアプローチ)が少なからずありましたので、他の病気と同様に予防から順を追って対策を立案しました。

なお、メンタルヘルス対策を手順に沿って進めるにあたって、重要なポイントは以下の通りです。

1.ステップごとに担当者(責任者)を決める。
 どんなことでもそうですが、担当者が不明確ですと、事が進みません。

2.正確な基礎知識を身に付ける
 メンタルヘルス対策において、誤解や知識不足が最も対策に支障をきたすため、
ステップ1~3を疎かにしないことが肝要です。

各ステップの詳細は今後、順次掲載していきます。

掲載日:平成23年10月27日 

「1.企業のメンタルヘルス対策」 に戻る
            「3.企業のメンタルヘルス対策 手順-ステップ1「経営者の理解」」 に進む

カテゴリー: メンタルヘルス-対策編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。