企業情報

大豊製紙グループ
(大豊製紙㈱、川辺バイオマス発電㈱)

中濃地区

家庭から出る紙ゴミを、年々需要の高まる段ボール原紙へ生まれ変わらせる仕事です。社員とOBで世話をしている畑があり、地元の方や、保育園児の芋掘りなども行っています。社員、地域、環境を大切にする我が社の一員になりましょう。

業種

製造

製紙・紙製品

企業概要
郵便番号 〒509-0302
住所 岐阜県加茂郡川辺町上川辺252-1
電話番号 0574-53-2626
FAX番号 0574-53-2629
ホームページ http://taihopaper.jp
事業概要

昭和35年、私たち大豊製紙は、「これからは再生紙の時代になる」という見通しのもと、この岐阜の地に誕生し、段ボールのリサイクル事業を行ってきました。創業以来一貫して『環境の保護・保全』をテーマに事業を展開してきた当社は、膨大なエネルギーとコストを費やし、海外からあらゆるものを輸入し加工することが当たり前となっている製造業界において、『地産地消』を大切にしています。更に2014年には太陽光発電も導入し、『地産地消』にこだわればこだわるほど、結果として環境保護につながっています。

大豊製紙工場
大豊製紙工場
川辺バイオマス発電所
川辺バイオマス発電所

更新日:2018-12-25